ページの先頭です

麻しん(はしか)に注意しましょう!!

[2018年5月2日]

ID:1196

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

麻しん(はしか)に注意しましょう!!

現在、麻しん患者の発生報告が増えています。

麻しんの感染に注意しましょう!!

<麻しんについて>

麻しんウイルスの感染によっておこる感染症です。ウイルスに感染した後、約10日から12日の潜伏期の後、発熱や鼻水、咳、目の充血などがみられます。この症状が数日続いた後、全身性の発疹が現れ高熱はさらに3日か4日続きます。

感染力が非常に強く、空気感染するため手洗い、マスクのみでは予防できません。麻しんに対する免疫を持っていない人が、感染している人に接すると、ほぼ100%の人が感染します。唯一有効な予防方法が予防接種です。

<予防接種について>

現在は、1歳から2歳までのお子さんにMR(麻しん・風しん混合)ワクチンの1回目(第1期)、小学校入学前の1年間で同ワクチンの2回目(第2期)、合計2回接種するのが主な接種方法です。これらの年齢に該当の方でまだMRの予防接種を受けていない方は、早急に接種しましょう。

<沖縄県や海外への渡航を計画されている方へ>

○麻しん(MR)ワクチンの予防接種を2回受けていない方、麻しんにかかったことがない方は、主治医にご相談のうえ、麻しん(MR)ワクチンの接種を検討してください。

○1歳未満の方…主治医にご相談ください。接種は任意接種(自費)となります。ここで接種された場合も、1歳以降に再度定期接種(第1期・第2期)の対象となります。

○2歳以降小学校入学1年前未満の方…第1期を未接種の方は、早急に接種を検討してください。この際の接種は任意接種(自費)となります。また、第1期を接種済みの方は、主治医に2回目の接種についてご相談ください。ここで接種された場合も、小学校入学前には定期接種第2期の対象となります。

 

※麻しん患者と接触したり、麻しんの流行地域に行ったりしたのちに、上記のような症状が現れた場合は、事前に医療機関に電話で麻しんの疑いがあることを連絡して指示に従ってください。

 

詳しくは、下記のホームページをご覧ください

三重県: http://www.pref.mie.lg.jp/TOPICS/m0014900229.htm(別ウインドウで開く)


組織内ジャンル

木曽岬町役場福祉健康課 保健予防部門

お問い合わせ

木曽岬町保健センター  電話: 0567-68-6119
E-mail: hokenshi@town.kisosaki.mie.jp

ページの先頭へ戻る

Copyright (C) kisosaki All Rights Reserved.