ページの先頭です

町の史跡

[2010年12月10日]

ID:123

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

潮香る河畔のふるさと「木曽岬」
水郷の旅
    
獅吼山了清寺(外平喜)
獅吼山了清寺(外平喜)


芭蕉の句碑 「永き日を囀(さえず)りたらぬ雲雀(ひばり)かな」と建立した俳号、一巴の「雲に入って雛を慕ふや揚げ雲雀」の句が刻まれた碑がある。宝暦8年(1758年)3月建立。

   
富田山源盛院(上和泉)
富田山源盛院(上和泉)


芭蕉の「青柳の泥にしたたる汐(しお)いかな」と刻まれた句碑がある。宝暦8年(1758年)10月建立。

     
木曽川支流 白鷲川締切の地(源録輪中)
木曽川支流 白鷲川締切の地(源録輪中)


白鷺川は名古屋熱田港と桑名港を往来した七里の渡しの航路として利用されていました。

   
山口誓子の句碑(鍋田川堤)
山口誓子の句碑(鍋田川堤)


東海道七里の渡し跡を漫歩し、白鷺川跡に立って「青葭(あおよし)に芭蕉の水路なほ残る」と発句した。七里の渡しの記念碑として昭和56年(1981年)3月建立。
誓子は、ホトトギス、馬酔木、天狼にて句を詠んだ俳人。

   
伊勢湾台風締切記念碑(源録輪中)
伊勢湾台風締切記念碑(源録輪中)


決壊した堤防が最後に締め切られた場所に建てられた記念碑。昭和38年(1963年)5月建立。

お問い合わせ

木曽岬町役場総務政策課 総務部門

電話: 0567-68-6100

ファックス: 0567-68-3792

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム


ページの先頭へ戻る

Copyright (C) kisosaki All Rights Reserved.